共同名義の不動産売却について

相続で受け継いだ土地や夫婦で購入した不動産などは、共有名義になっていることも多くあります。共有名義とはその不動産の権利を名義人全員で共有しているということです。名義人が2人の場合は2人で不動産全体の権利を持っていることになります。不動産を半分ずつ所有していると勘違いしている人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。
共有名義の不動産を売却する場合は、共有者全員の同意が必要になります。不動産売却の契約をする際には共有者全員が契約書に記名し、実印を押印することが必要です。もちろん印鑑証明書も共有者全員のものを用意しなければいけません。不動産売るときに得たお金は、それぞれの持ち分に応じて分割することになります。
また不動産の共有名義者は、法律上は自分の持ち分についてのみ売却することは可能です。ただ新たな購入者が不動産を売却したいと考えても、結局は共有者全員の同意が必要になりますので、わざわざ持ち分だけを購入しようという人はまずいないでしょう。持ち分を売却する場合は、その不動産の共有者に売却するケースがほとんどです。
このように共有名義の不動産売却は困難を伴う可能性があります。共有者全員の関係が良好であればそれほど大きな問題にはなりませんが、そうでない場合はなかなか売却が進まないことも考えられます。そのような場合には分筆や持ち分の買取などいくつかの方法がありますので、不動産業者などの専門家に相談してみるといいでしょう。